「パッシブ住宅」って何だろう? ドイツで生まれた、元祖パッシブ住宅。
パッシブ住宅は、環境先進国ドイツで生まれました。地球環境維持のために考えられた、高気密・高断熱の家。断熱性能が高いだけでなく、太陽熱も上手に活かし、省エネな家を実現しました。

できるかぎり建物で快適を保とうとするのがパッシブ住宅

日本へ上陸

進化

日本でもドイツ仕様

日本は高温多湿。ヨーロッパとは気候風土が違います。そこで、日本の気候を活かし、風を通して熱気を逃したり、太陽熱や地中熱で室内を暖めるなど、日本仕様なパッシブ住宅が生まれました。 日本でも、ヨーロッパのパッシブ住宅にならい、「元祖パッシブ住宅」を建てているメーカーもあります。

省エネ

革命!空気の性質を利用する、エアムーブ住宅のパッシブ住宅。

そんな日本仕様のパッシブ住宅を一歩進めたのが、エアムーブ住宅のパッシブ住宅です。自然エネルギーをそのまま取り入れるだけでなく、空気の性質を利用して自然エネルギーを建物内に巡らせることで家中どこでも快適な温度を保ちます。

省エネ性能UP!

空気を動かす仕組みについて詳しくはコチラ!

エアムーブ住宅のパッシブ住宅は、既に新基準をクリアしています。

Copyright(C) 2017 CouLeur Co.Ltd All right reserved.