暮らし

とちぎ・さいたま・いばらき・ぐんまママの今を知りたい!【COULEUR MAMA PRESS - 2021.05.06】

コロナ禍でお出かけと家計はこう変わった!

コロナ禍にあって、子育て中の家族の生活はどのように変わったのでしょうか。レジャーや外食の機会が減る中、逆に増えた家計の支出は?支出やレジャー、イベントについてアンケートを実施しました。

現在のレジャーやイベントなどのお出かけの回数は「20 % 以下に抑えている」ママが7割近く。レジャー・イベント参加を大きく絞っています。ただ、「いちご狩りに行きたいが、コロナ対策のイメージがつかず足踏み」の声もあり、感染対策さえ示されれば来場したい意欲も伺えました。

コロナ禍以前と比較して、家計の支出の中で「増えた使い道」は、外食機会の減少や在宅勤務の増加を反映し、「食費」がトップ。

また、見逃せないのが水道光熱費と日用品代。「夫のテレワークでトイレットペーパーの使用量が増えた!」というママの悲鳴もありました。そんな中、うれしい「貯蓄」も4位にランクイン。浮いた支出を貯蓄に回した家庭もあったようです。

逆に家計の支出の中で「減った使い道」としては、「レジャー費が減った」というママが87%にも。外出機会が減ったことにより、「外食費」「交際費」「洋服代」「美容費」なども軒並み減少しています。

家計全体として目立つのは、「増えた使い道」に比べて「減った使い道」の方が多いこと。子育て家庭がコロナ禍で支出を減らしたことが伺えます。家計の収支については、むしろ改善された家庭が多かったのかもしれません。

実際にぐんまのママに聞いてみた – REAL VOICE

自分の夜勤明けの日は必ず外食でしたが、緊急事態宣言のため、お店もやっていないのが辛かったです。疲れ果てて余力のない頭で献立を考えたり買い物するのが大変でした。コロナの影響で仕事が増え、家事も増え、ヘトヘトです。 (ChikaUME)

夫が在宅勤務となり、家族で過ごす時間が圧倒的に増え、夫の家事・育児に関わる時間が増えた。感染させてしまうリスクがあるので、年配者に会いに行けないのが淋しい。やっと曽祖母に会えたのは、お葬式だった。わかっているけど、ツライ。(ぴゅか)

コロナがまだわからない年齢(2歳)なので、環境を提供すれば、家でも公園でも児童館でも全力で遊んでいます。子どもは遊びの天才だなと思う機会が増えました。今できることを前向きに考えて、子どもに自由に活動させる機会をつくっていきたいです。(かんな)

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧