暮らし

とちぎ・さいたま・いばらき・ぐんまママの今を知りたい!【COULEUR MAMA PRESS - 2021.11.12】

『子どもに身につけてほしいのは、コミュニケーション力と自己肯定感』

現代の子育てママが、「将来のため、子どもに身につけてほしいこと」「子育てで大事にしていること」「そのために今、やっていること」はどんなことでしょうか。

「子どもを通して『お子さんに身につけてほしいこと』は?」という問いに対し、1位は「人と関わり問題を解決するコミュニケーション力」、2位は「『自分には価値がある』という自己肯定感」、4位は「自分の好きなことに集中して取り組む力」という回答でした。

これらはすべて、テストなどの点数では数値化できない、将来を豊かにするために必要な「非認知能力」です。子育てママは、「語学力」や「学力」、「デジタルツールを使いこなす力」などよりも、非認知能力を子どもに身につけさせたいと思っていることがわかります。

次に尋ねたのは、そんな 「コミュニケーション力」や「自己肯定感」を身につけさせるためにどんなことをしているか、との問いですが、回答は1位「家事やお手伝い」、2位・3位「自由にさせ、見守っている」「習い事」と、子育てママは、これといって特別なことをしているわけではありません。自由記述の「教育方針や子育てについての考えを聞かせてください」との問いへの回答に見られるように、「生活の知恵を身につけてほしい」「普段の生活の中で、自然としつけやマナーなど身につけられるように」「あまり押し付けないようにし見守る姿勢で」など、あくまでも日々の生活の中で、将来に必要な能力を育もうと考えているようです。

実際にぐんまのママに聞いてみた – REAL VOICE

小学校5年と年中の女の子の母です。人見知りがひどいので、自分の考えをきちんと話すことが苦手です。これから大きくなると友達やいろいろな面で大変になると思うので、コミュニケーション力をつけてほしいなぁと思います。

自己肯定感と生活力は生きていく上で絶対に必要なので、小さいうちからその2つは特に意識して育児しています。子どもの人生なので、あまり親の気持ちを押し付けず、自分で責任をもってその時その時でしっかりと考え、選択できる子に育ってほしいと思います。

家庭では、保育園や学校ではできないことにチャレンジさせて、知的好奇心旺盛な子に育ってほしいなと思います。農業体験で自然と触れ合うこと、様々な運動をして体を動かすこと。やったことのないことに挑戦することで、自己肯定感を高め、どんなこともやってみようと思える力をつけたいです。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧