楽しむ おでかけ

独自の雑貨ワールドが広がる雑貨とおやつのお店「JAMCOVER VILLAGE」(高崎市)【ママライターイチ押し】

JAMCOVER は、見ているだけでわくわく、楽しい気持ちになれる雑貨がひしめくお店。

 

高崎市八幡町に店舗があった時に何度か訪れていましたが、2017年10月に「JAM COVER VILLAGE」として下室田町にオープンしてからは、今回初めて行ってきました。

 

JAMCOVERは23年前に、雑貨好きなオーナーのオザワさんが東京・下北沢に開いた雑貨店がはじまり。

 

作家さんのつくる「アーティスト雑貨」がほとんど知られていなかった当時、オザワさんは、作家さんがつくる素敵な作品を発信する場所を提供したい、アーティスト雑貨を定着させたいとの想いから、自身のお店を開くことに。その後、都内の馬喰町に移転、高崎でもお店をオープンするなど、東京と高崎の2店舗で商品を提供してきました。

 

そして今年、2店を統合して「JAMCOVER VILLAGE」をオープン。小さな村をイメージしたこちらには、緑の屋根の「雑貨棟」、青い屋根の「おやつ棟」、茶色い屋根の「アトリエ棟」、赤い屋根の「トイレ棟」の4つの建物と庭があります。

オリジナルブランド「Petit jam」もおすすめ

(Petit jamのアイテムがたくさん)

 

雑貨棟には、雑貨アーティストさんの作品をはじめ、世界中から集めた雑貨、ビンテージものの雑貨まで多彩な商品が並んでいます。そして私の大好きなPetit jamの洋服もたくさん!

 

Petit jamは、JAMCOVERから生まれた洋服のブランド。オザワさんのアイデアがたくさん詰まった洋服は、色づかいやデザインなど、まるで雑貨のようなかわいらしいものばかり。

 

店舗には、ボタンやチロリアンテープなど、他のお店ではなかなか見ないようなデザインのハンドメイドグッズもいろいろあるので、自分で洋服をつくる方にもおすすめです。

 

おやつ棟は、おいしい・珍しいおやつの宝庫

おやつ棟には、全国から仕入れるかわいいパッケージの食べ物が、雑貨のようにディスプレイされています。見たことのない商品も多いです。毎回同じものを仕入れているわけではなく、行くたびに新しいものに出会えるかもしれません。

 

仕入れの基準は、オザワさんとスタッフが試食しておいしいもの。そして、大手メーカーではなく、小さな生産者の商品を、マニアックになりすぎないようバランスをとりながら仕入れているそうです。

 

「ここに来たら、かわいいだけでなく、おいしくて珍しいものが見つかる。そんな風にお客さんに思っていただけたら嬉しいです」とオザワさん。

 

子どものおやつに、プレゼントに、自分へのご褒美にと、小さい子どもから大人まで楽しめるおやつ。どんな味か、おすすめのいただき方など、スタッフの方が丁寧に教えてくれますよ。

 

  (様々な種類の食品があります) 

 

(COFFEE BAGをグリーンの上に陳列。ディスプレイを見るのも楽しい)

 

(つい手に取りたくなってしまう、おやつの数々)

多彩な個展・企画展をめざして出かけるのも楽しい!

JAMCOVER VILLAGEさんでは、様々なジャンルの個展も開催。取材に訪れた時には、「金子古家具展」の準備の真っただ中でした。

 

現在は、植物やお花柄の陶器や磁器を集めた個展「Botanic pottery Exnibittionを開催中(1月19日まで)。老舗窯元や人気デザイナーによる、かわいいアイテムが並ぶそうです。こうした個展目的に出かけるのも楽しいですね。

 

今回お話を聞いて、かわいい雑貨やおいしいおやつがお店に並ぶまでには、本当にたくさんの手間暇がかけられているんだなとびっくり。

 

今後はJAMCOVERらしさのたくさん詰まったお家づくりを提案する「JAMCOVER HOME」をつくっていくのが、オザワさんの夢だそうです。
おうちを建てようと考えている方は、そんな話もしてみてください。「JAMCOVER HOME」の第一号になるかも?!

 

(雑貨棟。窓の形もかわいい)

 

里山と烏川に囲まれた素敵なところです。まず家族で来店し、後から一人で来店するママも多いそう。
ぜひゆっくり訪れてみてくださいね。

JAMCOVER VILLAGE(ジャムカバーヴィレッジ)


住所:高崎市下室田1686
電話:雑貨棟027-384-4470 おやつ棟027-384-4471
営業時間:雑貨棟11:00~19:00 おやつ棟11:30~18:00

紘子ママ Hiroko mama

小学1年生の長男、幼稚園の年少の長女、1歳の次女、主人の5人家族。趣味は、イベント情報をみて子ども達と色々なところに行くこと。人の体験談など自分の知らないことを聞くことが好きです

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧