楽しむ おでかけ

1歳半から参加できる子どもお菓子教室(for kids! こどもお菓子教室・前橋市)【ママライター一押し】

最近料理をよくするようになった小1の長男。家では簡単なものをつくっていましたが、今回料理教室に参加してきました。

 

「for kids! こどもお菓子教室」は、親の手を借りずお子さんだけでお菓子づくりのできる教室です。レッスン場所は先生のご自宅。今回は「パンのリースとホットチョコレート」のレッスンでした。

 

ご自宅にお邪魔すると、先生が出迎えてくれて「エプロン、三角巾をつけて、ハンドタオルを持って手を洗ってきてね」と声をかけてくれます。ここから一人で参加。親御さんは少し離れたところで見ているか、時間になったら迎えに来るなど自由にできます。

 

今回は年少さんから5年生まで、定員いっぱいの10名が参加。みんな先生の話をよく聞きながら真剣に取り組んでいました。何度か通っている子もいて、初参加の息子は、同じテーブルにいた5年生のお姉さんにも教えてもらいながら進めていました。初めて会うお友だちですが、同じ作業をすることで少しずつ会話がうまれる様子も、見ていておもしろかったです。

生地をこねたり、切ったり、編んだり。難しいポイントごとに、先生が1人ひとり回って、コツを教えてくれます。生地を寝かせている間はお絵かきタイムがあるなど、子どもたちを飽きさせません。

(パンのリース。こんな風に飾り付けて…)

(焼きあがりました!)

今回は2つのパンリースをつくり、1つはホットチョコレートと共に、その場でおやつタイム。もう1つは家に持ち帰って飾ってから食べようとお土産に。

うちの息子は自分一人でつくった初めてのパンがとてもうれしかったようで、帰るなりパパに食べさせていました。自信たっぷりの姿が見られてよかったです。

教えてくれるのは3児のママ、石垣真紀先生

 (「for kids! 子どもお菓子教室」の石垣真紀先生)

 

石垣真紀先生は京都生まれ。結婚を機に群馬に住み始めるまで、広告デザインの会社に勤めていました。お菓子づくりは、ご自身のお子さんに教え始めたのをきっかけに、お子さんのお友だちにも教えるようになったのがはじまり。人伝いに広がっていったこともあり、自宅教室のスタイルになったそうです。

 

レッスンは、平日と休日併せて月に7回前後開催しています。毎月いらっしゃる方もいれば、好きなレッスンを選んで参加する方、クリスマスレッスンのみ毎年参加する方など、様々。ご近所の方だけでなく、高崎や伊勢崎、太田など県内から生徒さんが集まります。年少さんから一人で参加でき、親御さんがご一緒であれば、1歳半のお子さんから参加が可能です。

 

(難しいところは手伝ってくれます)

 

「子どもの『自分でやりたい』気持ちを尊重してあげたい」という石垣先生。食育メニュープランナーの資格も持っています。

 

「教室では、子どもたちに、食材を混ぜたり組み合わせたりすることで、食材がどんな風に変化して、どんな味になるかを実体験してほしいです。食べ物は、体をつくる大切なもの。食べものがつくられる過程を体験することで、子どもが食に興味を持ってもらえたらうれしいです」と仰っていました。

 

バターや卵などもほとんど使わないので、それらのアレルギーのある子でも参加が可能だそうです。ご予約の際、先生に相談してみてください。また、大人向けのお菓子教室もあり、こちらにはおんぶで赤ちゃん連れの方も参加できますよ。

アクセサリー教室やヨガ・ストレッチ教室も!

石垣先生はとても多彩な方で、お菓子教室だけでなく、アクセサリー教室やヨガ・ストレッチ教室などをご自宅でされているほか、住宅展示場で料理やアクセサリー教室、小学校の親子行事でピザづくりの講師など、幅広く活躍されています。私もアクセサリーづくりを丁寧に教えていただき、簡単につくることができました。
 (アクセサリー教室でつくったイアリングとストラップ)

 

3児の母でもある石垣さん。食に関することや、ハンドメイド、育児経験など様々なお話がはずむと思います。ぜひ親子で足を運んでみてください。

for kids! こどもお菓子教室

住所:前橋市樋越町
駐車場:自宅前に約4台
ブログ:http://yaplog.jp/for-kids/
料理教室検索サイト クスパ:https://cookingschool.jp
※ご予約はブログ・facebook・クスパのサイトからどうぞ

紘子ママ Hiroko mama

小学1年生の長男、幼稚園の年少の長女、1歳の次女、主人の5人家族。趣味は、イベント情報をみて子ども達と色々なところに行くこと。人の体験談など自分の知らないことを聞くことが好きです

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧